ホーム 運営者情報 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

タトゥー除去の最新ピコレーザーの経過や値段 セルフでできる?

タトゥー刺青除去のピコレーザーは、カラー入りのタトゥーにも効く

従来はタトゥーを消去するためにナノレーザーを照射するか、切除手術を行う方法が用いられてきました。ナノレーザーを利用する方法であれば切除する必要がなく、傷跡が残らないというメリットがあります。ナノレーザーは黒い線は綺麗に除去することは可能ですが、他の色の色素は完全に分解することができませんでした。黒以外の色の色素はナノレーザーで完全に除去することができず、薄く残ってしまいます。黒以外の部分は切除手術で除去する必要がありますが、皮膚切除・削皮法・植皮・皮膚移植などを行うので負担が大きいというデメリットがあります。これらに対して最新のピコレーザーを利用すれば、黒以外の色素も分解して綺麗にすることが可能です。

ピコレーザーのメリット 値段を安くできる理由

ピコレーザーを利用してタトゥーを除去する方法は、基本的にナノレーザーと同じです。ナノレーザーと違う点はレーザーの照射時間が短いことで、数ピコ秒(1兆分の1)という非常に短い時間だけ照射して色素を分解します。ナノレーザーよりも照射時間が短いので、肌が受けるダメージが少なくて済みます。照射するレーザーのエネルギーが大きいので、ナノレーザーよりも色素の分解能力が高いというメリットがあります。このため従来は難しかった黒以外の色素も分解して除去することが可能で、施術回数が少なくて済むというメリットもあります。施術回数が多いと通院回数が増えて料金が高くなってしまいます。ピコレーザー治療を選択すれば施術回数が少なくて済むので、治療期間を短縮することに加えて費用面の負担を軽くすることができるというメリットもあります。

ピコレーザーの施術時間と回数や期間

ピコレーザーを用いたタトゥー除去治療の流れですが、1回あたりの施術時間は約20分程度で2~4週間に1回の頻度で数回に分けて治療を行います。皮膚に傷が付くことが無いので、施術した当日に入浴をしても問題ありません。施術回数はタトゥーの大きさや色(色素)などによって異なりますが、数回程度の施術で綺麗に除去することができます。施術時には麻酔をする必要がありませんが、ナノレーザーと同じように輪ゴムで皮膚をはじいた程度の痛みを感じます。麻酔が不要なので、体への負担が軽いというメリットがあります。
ピコレーザー治療はシミやほくろを除去する目的でも使用されますが、タトゥー除去の場合には出力を高くして何回かに分けて施術を行うことで色素を分解します。照射するレーザーの出力や波長を変えることで、深部に入り込んだ色素を分解することができます。

ピコレーザーで、タトゥー除去の値段は20万?

ピコレーザー治療は健康保険が適用されないので、全額自費負担となります。治療を受けるための費用は、除去する面積と回数によって決まります。例えば、10cm四方の面積(100平方センチ)で1回施術する場合の治療費の目安は約5万円です。完全に除去する場合(5回)であれば、約20万円となります。しかし、これは施術する病院にもよります。

 

完全に除去するためには数回に分けて治療を行う必要がありますが、切開をする訳ではないので当日に入浴やシャワーを浴びることができます。

 

タトゥー除去のモニターで安くなることも?

ピコレーザー施術を受ける際、モニターとなると、安くなる場合があります。モニターになると、写真をとられ、経過が分かりやすいというメリットがあります。モニターを募集している病院がないか確認することも手です。

 

レーザー後に水ぶくれが起きることも レーザー後の経過


レーザー治療であれば皮膚の表面に傷を付けることはありませんが、治療後に水ぶくれややけどに近い状態になることがあります。レーザーを利用すれば色素の粒子を除去して消すことができますが、場合によっては傷跡が残ることがあります。この理由はタトゥーを入れる時に皮膚に傷が付き、跡が残っていることです。図柄が見える状態であれば皮膚に傷跡が付いても目立つことがありませんが、色素を除去して肌色になることで見えなかった傷が目立つようになる恐れがあります。色素を綺麗に除去することができたとしても、線を描く際に皮膚に出来てしまった皮膚の傷はそのまま残ってしまうことがあります。

15日経過してもかゆかったり、ダウンタイムが長いことも多いので、どれくらいのダウンタイムが予測されるか、施術者に確認するのも手です。

セルフでピコレーザーペンで治療はできる?

ピコレーザーペンという名前の商品がありますが、セルフで刺青除去をするのには向いていません。出力の度合いを判断しづらかったり、必要以上に肌を傷つける失敗の可能性があるからです。ピコレーザーペンで、刺青にをきれいに消せる効果もさだかではありません。また、病院で使用されている機械は、自宅で購入し使用できるものはまずないです。ピコレーザーペンという商品は、病院で使用されているピコレーザーとは異なるものだという把握が大切です。セルフタトゥーを消すのは、効果がなかったり、肌が傷つく可能性があるので、避けたほうがいいです。

最終更新日

セルフ , タトゥー除去 , ダウンタイム , ピコレーザー , ピコレーザーペン , モニター , レーザー , 値段 , 効果 , 回数 , 失敗 , 料金 , 最新 , 水ぶくれ , 痛み , 経過 , 麻酔

    名称聖心美容クリニック
    詳細聖心美容クリニックでは2種類のレーザーで症状に合ったシミ取り治療が可能。全国に9院でピコレーザーが受けられます。聖心美容クリニックのディスカバリーピコプラスは、ピコ秒レーザー、Qスイッチモード、オプティパルスモード、フォトトリートメントモード(ロングパルス)の4役を搭載し、これまで複数のマシンで行なっていた施術を1台で同時に行なえる画期的なレーザーです。になっています。
    詳細
    施術PICOレーザー(シミ取り)
    PICOトーニング(肝斑治療)
    PICOフラクショナル(ニキビ跡・毛穴・小ジワ治療)
    プレミアムPICO肌再生療法(トータルリジュビネーション(肌全体の若返り)治療)
    値段PICOレーザー(シミ取り):直径1㎜/5,000円~
    PICOトーニング(肝斑治療):全顔/35,000円~
    PICOフラクショナル(ニキビ跡・毛穴・小ジワ治療):全顔/70,000円~
    プレミアムPICO肌再生療法(トータルリジュビネーション(肌全体の若返り)治療):全顔/150,000円~
    ※全て税別
    カウンセリング費用カウンセリング料:無料
    備考聖心美容クリニックはカウンセリングを重視し、希望や悩みをしっかりヒアリングしてくれます。カウンセリングをスタッフ任せにせず、医師が直接、悩みや状況を聞いてくれるので安心です。タトゥー除去も受けられます。
    所在地東京都港区六本木6-6-9ピラミデ2F、他札幌、大宮、横浜、熱海、名古屋、大阪、広島、福岡、上海
      名称湘南美容クリニック
      詳細湘南美容外科では,ピコレーザーの症例実績は1347件(2018年10月現在)。幅広い治療メニューと豊富な経験がありますので安心して通えること間違いありません。シミやそばかす、くすみで長年悩んできた方はぜひ一度相談してみてください。
      詳細
      施術ピコレーザー(エンライトンIII/エンライトンSR/ピコシュア)
      値段顔への施術
      1回11000円(税込)
      5回49900円(税込)
      10回 91660円(税込)
      カウンセリング費用無料
      備考湘南美容クリニックのピコレーザーは、価格の安さが魅力です。『高品質医療を低価格で提供する』は同院のポリシーなので、他院に比べ比較的リーズナブルに治療が受けられます。
      所在地新宿本院 新宿南口 銀座 渋谷 他全国100院
        名称エトワールレジーナクリニック
        詳細エトワールレジーナクリニックは「PicoWay」で「ピコレーザー治療」を行っています。「PicoWay」は従来のナノ秒レーザーよりも短い「ピコ秒レーザー」により、周囲へのダメージを抑えて、ダウンタイムが少なくシミ取りが可能です。
        詳細
        施術ピコトーニング
        ピコフラクショナル
        ピココンビネーション
        ピコスポット
        値段ピコトーニング:初回/7,800円~
        ピコフラクショナル:限定1回/22,800円~
        ピココンビネーション:限定1回/29,800円~
        ピコスポット:シミ1個長径1cm未/2,980円~
        ※全て税別
        カウンセリング費用カウンセリング料:無料
        備考エトワールレジーナクリニックは、レーザー治療の実績豊富な総院長が監修しているので、安心です。施術はオーダーメイドで一人ひとりの肌の状態に合わせて行ってくれて、追加料金は掛かりません。
        所在地東京都渋谷区神宮前3丁目3-8 LA GRACIA表参道 2F